言語選択 : 日本語 | English | 繁体字 - 表示 : PC | SP - 文字 :
うだつ丸

Mamma Mima TV

アクセスマップ

みま地区産直市

モバイル



スマートフォンからは、上記のQRコードでアクセスしてください。

寺町



安楽寺

安楽寺   
■(浄土真宗)安楽寺

鎌倉時代に天台宗の真如寺(平安時代頃建立)に東国から来た千葉彦太郎常重が入寺し、
浄土真宗の安楽寺に改めたと伝えられている。歴代守護の庇護のもとに勢力を拡大、
最盛期には四国各地に八十余の末寺を有した。
国登録有形文化財の丹塗りの二重門(江戸時代中期)、本堂(昭和初期)、鐘楼(明治時代)、
書院(大正時代)と平成8年に設けられた能舞台がある。

赤門と呼ばれる豪壮な朱塗りの重層門は、県下五大門のひとつ。能舞台を備える県内唯一の寺として名高い。古くから寺勢を拡張し、阿波・讃岐などの各地に寺院を創立し、四国における最古、最有力の浄土真宗寺院として栄えてきました。

TEL:0883-63-2015
ホームページ : http://www.anrakuji.net/

地図を見る



常念寺

常念寺   
■(浄土真宗)常念寺

元は快楽山蓮華院という天台宗寺院であったが、室町時代に浄土真宗に改宗し常念寺となり、
安土桃山時代に安楽寺十代住職正宗の嫡男其宗が入寺し再興したと伝えられている。
境内には、山門、本堂、書院、庫裡などが建ち並び、江戸時代末に建てられた本堂は境内の
木々と調和し趣のある佇まいを見せている。

TEL:0883-63-2125

地図を見る



西教寺

西教寺   
■(浄土真宗)西教寺

江戸時代初期に安楽寺十代住職正宗の隠居寺として建立されたと伝えられている。
安楽寺と同様の格式を持ち、阿波や讃岐に十ヵ寺の末寺を有した。国登録有形文化財である
本堂(江戸時代末)、薬医門(江戸時代末)、経蔵(昭和初期)があり、境内の石庭は古い姿を
残す寺院建築と調和し良好な景観を形成している。

TEL:0883-63-2067

地図を見る


林照寺

林照寺   
■(浄土真宗)林照寺
室町時代に安楽寺第八代住職願証の弟の林証が開基したと伝えられている。総欅造の
向唐門の山門から境内に入ると銀杏の大木があり、秋には銀杏が寺院建築に映える。
また、毎年11月上旬頃には半世紀近い歴史を持つ菊花展が開催される。

TEL:0883-63-2155

地図を見る


願勝寺

願勝寺    
■(真言宗)願勝寺
平安時代、崇徳上皇に仕えた阿波の内侍が上皇の菩提を弔うため都に建てた願勝寺を、
母の生国の阿波の維摩寺(奈良時代建立)に移し願勝寺となる。
その後、歴代守護や藩主の庇護を受け郡内を代表する寺院となる。国登録有形文化財
である八脚門(明治時代)、天竜寺と同一手法の滝組の県指定名勝「願勝寺庭園」(室町時代)、
県内最古の博物館「美馬郷土博物館」がある。
TEL:0883-63-2118

地図を見る




寺町ボランティアガイド

寺町ボランティアガイド   
寺町ボランティア

寺町を観光するときにそれぞれの時間や希望に応じて、願勝寺や安楽寺などの4か寺を中心に案内してくるのが、地元ボランティアによる寺町案内人です。奈良や平安時代の歴史に耳を傾けるだけで、寺町の風景がさらに輝いてきます。案内には予約が必要です。

お問い合わせ
TEL :
平日 090-4336-8882
土日祝祭日 0883-63-3775 (美馬市防災センター)

地図を見る



1 番~ 6 番を表示 (全 6 枚)



 

Copyright(C) 2007-2015 美馬市観光協会 All Right Reserved.