povo(ポヴォ)は家族割プラスに加入NGで家族間通話も有料!対処法を徹底解説!

こんにちは、美馬です!

2021年3月よりサービス開始予定のauの新料金プランpovo(ポヴォ)が発表され話題となっていますよね。

povo(ポヴォ)はWeb手続きに特化した「新発想の料金プラン」で容量20GBで月額2,480円(税抜)と三大キャリアでも最安値の料金体系で提示しています。

povoの契約では、

  • auの「家族割」「家族割プラス」に加入NG
  • 家族間通話も有料

となります。

今回の記事では、povo(ポヴォ)を契約するにあたり「家族割」「家族割プラス」の加入NGや家族間通話有料についての対処法について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までゆっくりとご覧くださいね!

スポンサーリンク


povo(ポヴォ)は家族割・家族割プラスに加入NG!

残念ながら、povo(ポヴォ)の契約ではauの「家族割」「家族割プラス」に加入することができません

理由としては、povoの利用料金が月額2,480円と格安の料金プランになっているのでこれ以上の割引は難しいからでしょう。

そもそも、povoのコンセプトはau従来プランのauスマートバリューや家族割、家族割プラスなど複雑な割引条件を無くし、月額2,480円というシンプルな1つの料金プランするというもの。

  • auは家族で割安
  • povoはひとりでも複雑な条件が無くシンプルで安い

と多様なターゲットのニーズやライフスタイルに合わせて選べる形になっているのですね!

独身の人や家族と違うキャリアを使っている人は、3大キャリアからpovoにすることで利用料金を大きく抑えることができそうですね。

ただ、家族がauを使っている場合は、人数や条件を確認する必要が出てきます。

また、利用料金の計算についてはau公式の「スマートフォン料金シュミレーション」を使うと便利ですね。

https://www.au.com/mobile/simulation/

また、ご家族がご高齢の場合は、ネット完結型のpovoは申し込みやサポートの面で不安があるかもしれませんね。

au家族の場合はご家庭のご利用状況にあわせて話し合うとよいでしょう。

2021年2月25日追記:povoの回線は「家族割プラス」の家族人数のカウント対象外となりますが、21年夏までに契約した場合、早期申込特典として「家族割プラス」の家族人数がカウント対象となります!

povo(ポヴォ)は家族間通話も有料!

povoを契約する際に気になるのは、au家族割の対象外となるため、家族間通話が有料になる点です。

通常どおり、povo契約者からau契約者の携帯にかけると30秒あたり20円の通話料金が発生する形となります。

反対にau契約者からpovo契約者に通話する場合もau家族割の対象外となり、同じく通話料が発生します。

家族同士での通話が多い場合は、ちょっと悩んでしまいますよね。

スポンサーリンク


povo(ポヴォ)で家族間通話を安くする対処法

家族同士の通話が多い人の対処法は次の3つです。

  1. povoのトッピング「5分以内かけ放題」を追加する(月額500円(税抜))
  2. povoのトッピング「通話かけ放題」を追加する(月額1,500円(税抜))
  3. LINEを利用する(通話料無料)

povoの特徴として、基本料金が2,480円(税抜)と3大キャリアの中でも一番安いですので、「5分以内かけ放題」を選択しても2,980円(税抜)に抑えることができます。

また、トッピングを選択しなくてもLINEの無料通話を使用することで、データ量の消費のみで通話することができ一番コストを抑えることができます。

「でも、たくさん通話するからデータ容量が心配…。」と思われる方もいると思うのでLINE通話で使用されるデータ量を調べてみました。

【LINE音声通話のデータ使用量の目安】

通話時間 データ使用量
1分 0.3MB
10分 3MB
30分 9MB
1時間 18MB

想像していたよりも、ずっとデータ使用量は少なかったです。

1分あたり0.3MBでpovoの容量は20GB(20,000MB!)ありますので、通話で困ることにはならないとおもいます(笑)

また、たまにはお孫さんとビデオ通話したいという場合でも1分間で5.1MBですから、よほど長電話しない限りは大丈夫ですね(^^♪

【LINEビデオ通話のデータ使用量の目安】

通話時間 データ使用量
1分 5.1MB
10分 51MB
30分 153MB
1時間 307MB

いまやLINEは若い人からお年寄りまで幅広い年齢層の方が使われています。

家族とのやり取りに関してはLINEで充分対応できますので、基本料金が一番安いpovoはお財布にやさしいといえますね!

まとめ

今回の記事では、povo(ポヴォ)を契約するにあたり「家族割」「家族割プラス」の加入NGや家族間通話有料についての対処法についてまとめてみました。

povoがおすすめなのは、独身の人や、家族がauを使っていない人でLINEなどの無料通話サービスを利用すれば月額2,480円(税抜)と3大キャリアの中でも一番安く使うことができます。

申込の詳細についてはまだ不明なことが多いので情報が分かり次第追記していきますね!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

追伸:povo先行エントリーキャンペーンがはじまっています。

povo(ポヴォ)の予約申込方法を徹底ガイド!特典内容や実施期間も詳しく解説!

2021年2月13日

auのpovo(ポヴォ)は2021年3月23日スタート!デメリットや料金まとめ!違約金や事務手数料を徹底比較!

2021年1月13日

povo(ポヴォ)はキャリアメールNGでトッピング追加予定も無し!対処法や対策を徹底解説!

2021年2月12日

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です