povo(ポヴォ)とUQモバイルの料金プランを徹底比較!テザリング料金など金額コストまとめ!

こんにちは、美馬です!

2021年3月よりauの新料金プランpovo(ポヴォ)が月額2,480円(税抜)という破格の安さとトッピングという斬新なオプション設定でサービスの提供を予定し話題となっていますね。

povoが大きな話題を呼んでいるなか、UQモバイルも2021年2月1日より「くりこしプラン」という新料金プランを発表しています。

SNSでも、「povoとUQモバイル、結局どっちがお得なの?」という声が多くあがっていました。

povoかUQモバイル、どちらにするか悩んでいる方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク


povo(ポヴォ)とUQモバイルの料金プランを徹底比較!

povo(ポヴォ)とUQモバイルの料金プランを表にまとめてみました!

【povo(ポヴォ)とUQモバイルの料金プラン比較】

povo(ポヴォ)    UQモバイル     くりこしプランS   UQモバイル     くりこしプランM   UQモバイル     くりこしプランL
月額料金 2,480円(税抜) 1,480円(税抜) 2,480円(税抜) 3,480円(税抜)
基本データ容量 20GB/月 3GB/月 繰り越し可   15GB/月     繰り越し可   25GB/月     繰り越し可
超過時速度 最大1Mbps 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

この表をもとにpovoとUQモバイルを比較してみましょう。

スポンサーリンク


povo(ポヴォ)の料金プランの特徴

povo(ポヴォ)の料金プランの特徴はなんといっても、月額20GBのデータ容量に対して2,480円(税抜)というコストパフォーマンスの良さです。

料金プランもシンプルに一つしかなく選びやすいのがいいですね。

UQモバイルの「くりこしプランM」と比較すると同じ月額料金で、月額データ容量が5GBも多いのが特徴ですね。

ただ、音声通話をする場合は国内通話(20円/30秒)が別途かかりますので、通話が多い場合は高くつく可能性があります。

この問題の対策としてトッピングという追加オプションで、「5分以内かけ放題」というサービスを月額500円(税抜)でつけることもできます。

SNSでは、「そもそも通話しないからpovo一択」「LINEで通話すれば一番安いのか…。」という声が多くあがっています。

LINEはいまや、子供からお年寄りまで幅広く認知された無料通話サービスなので、国内通話のデメリットはについてはあまり考えなくてもよいでしょう。

また、テザリング料金も無料。トッピングの単発200円(税抜)「24時間データ使い放題」をつかえば、ポケットWi-Fiいらずの活躍が期待されます。

ポケットWi-Fiを解約すれば、携帯料金のみならず通信費をグッと抑えることが可能ですね。

ただ、povoのサービス内容についてはまだ情報が少ないので情報が分かり次第追記していきますね。

UQモバイルの料金プランの特徴

UQモバイルの料金プランの特徴は、名前の通りデータの繰り越しができることでしょう。

使わなかったの容量は翌月分に繰り越しされます。

たとえば、

  • 「くりこしプランM」の人が月に5GBの利用だった
  • 翌月の容量は、5GB+15GBで20GBとなります

ちなみにpovoはデータの繰り越しはできませんので、どんなにデータ容量があまっても20GBです。

また、一番やすい「くりこしプランS」はデータ容量3GB、月額1,480円(税抜)でau4GLTE回線を使えるので、普段の利用がSNSやネットも調べものや買い物くらいの方にはピッタリのプランですね!

あとUQモバイルの特徴として、データ超過時のバースト機能があります。

これは、読み込みの最初の数秒が1Mbpsをはるかに超える速度になります。

こちらはワイモバイルとの比較動画ですが、povoもワイモバイルと同じ条件です。

同じ1Mbpsでも全然違いますよね!

さらに、UQモバイルには「節約モード」が搭載されています。アプリで簡単に切り替えができ、「節約モード」は低速での通信になる代わりにデータ容量が消費されなくなります。

つまり、1か月間ずっと節約モードをつかうとすべての容量が繰り越せます。

これは大きな魅力ですね!

povo(ポヴォ)とUQモバイルどちらがお得?

結局、povo(ポヴォ)とUQモバイルはどちらがお得なのでしょうか?

povoがおすすめな人は、料金プランで頭を悩ますのが面倒でシンプルに安いのが良いという人ですね。

月20GBで月額2,480円(税込)はやはり破格の安さと言えるでしょう。気軽に使えるトッピングも魅力ですね。

ただ、すべての手続きがオンラインのみとなるので、ネットが苦手な方は向かないです。

UQモバイルは、くりこしプランSでとにかく安くau4GLTE回線を使いたい人におすすめです。

節約モードを使えば、旅行などを控えてたくさん容量を使う際に繰り越しを上手く利用できるでしょう。

また、店頭でのサポートも受けられるので、ネットが苦手な方におすすめですね。

まとめ

今回の記事では、povo(ポヴォ)とUQモバイルの料金プランを徹底比較してみました!

どちらも一長一短なので、ご自身のニーズに合わせて選択するのが良さそうですね。

一度じっくりと検討してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

auのpovo(ポヴォ)は2021年3月23日スタート!デメリットや料金まとめ!違約金や事務手数料を徹底比較!

2021年1月13日

povo(ポヴォ)の予約申込方法を徹底ガイド!特典内容や実施期間も詳しく解説!

2021年2月13日

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です